実績

  弊財団ではグローバル人材育成を担う大学の国際化を推進すべく海外への情報発信、海外での受験指導、大学のアドミッション改革の3つの分野で、今までにない革新的な事業を推進しています。

  1. 海外への情報発信「日本留学指南」

  2. 中国大陸を中心に日本の大学進学を目指す海外の漢字ネイティブの学生にあらゆる情報を提供する書籍「日本留学指南」。毎年7月1日に発行、大陸内の書店やECサイトでの販売のほか、高校を中心に積極的な寄贈も展開。電子版、WEB版も整備、2016年7月より香港、台湾、マレーシア各国への情報発信も実施中。

  3. 海外での受験指導「四海留日」

  4. 中国の中心拠点「上海」で展開する日本の大学進学の為だけの進学指導塾。 日本人教師が、全科目日本語で、主に現地の高校生に受験指導を行っています。「たった半年で日本語N2」という独自カリキュラムを核に、河合塾の進学指導ノウハウを受け継ぎ、日本語、日本留学試験対策、各大学の二次試験対策の大きく3つのカリキュラムを提供中。毎年、私立・国立大学への合格実績を着実に積んでおり、今後は、アセアン各国の華僑師弟をターゲットに展開していく予定。

  5. 海外からの学部留学生の直接受け入れを実施するワンストップソリューション「日本大学連合学力試験」

  6. 海外での受験者獲得を念頭に置いた、中国語や英語で受験+渡日不要制度の下に独自開発した、大学進学のための試験「日本大学連合学力試験」。中国語や英語で学力を測定、その後、合格者に留学生向けの進学指導で開発したスピード日本語指導カリキュラムを提供、日本語能力に左右されない、留学生選抜を実現。現在、上海、香港、台湾、マレーシア、フィリピンで実施しており、今後インドネシアでも展開を調整中。
    ※本試験を通した2017年4月留学生受け入れは約200名程度となる予想。